家を売った後には?
当然やるべきことがあります。

それが?

確定申告。

サラリーマンをしていると
なかなかなじみがないものなんですが、
家を売った場合には?

売って得をした場合にも、
売ったら損をした場合にも、
どちらの場合もやることになります。

※損をした場合は理屈の上ではやらなくても
良いんですが、やったほうが得をするので
絶対にやったほうがいいです。

家を売った時に得た利益は?
「譲渡所得」
という収入になります。

これは、給与の所得や事業所得とは
分けて計算されます。

譲渡所得に対して所得税・住民税が
かかってくるんですが、
どのくらいの期間住んでいたのか?

によって税率は変わってきます。
(長く住んでいたほうが税率は低い)

反対に、家や土地の購入額よりも
安い価格で売れた場合には?

損をしていることになるので、
確定申告をする必要はありません。

と、言いたいところなんですが、
確定申告は絶対にしたほうがいいです。

なぜでしょう?

家など住宅を売って損をした場合には、
簡単に言うと?

「その損をした分は給与所得などの分から
引いていいですよ」

という控除が使えるから。

しかも?

1年で使いきれなかったら、
最大で3年やっていいよ
という制度なんです。

これは、使わない手はないですよね。

ただ、そうはいっても?
損をするより得をしたいわけでw

損をしないためには?
相談するのは1社だけではダメナンデス。

必ず複数の不動産会社から
査定してもらって、
交渉する。

これが鉄則です。

損をしないためには?イエウールで一括査定